HOME > お知らせ一覧 > 月別アーカイブ:2019年7月
2019年7月(2019年7月 1日〜2019年7月31日)

観音寺ご利益めぐりの旅2019

昨年、一昨年とたくさんの方にご参加いただきました、「観音寺ご利益めぐりの旅」シールラリーを今年も開催します。観光を予定している方や、昨年参加できなかった方、もう一度めぐりたいという方も、観音寺市内の開運スポットをめぐり、ご利益をもらいましょう!


20190724101757-0001(2).jpg
 

  実施期間 

令和元年8月1日(木)〜11月30日(土)

 

 ルール 

今年も6カ所のチェックポイントでシールを配布します。施設を利用もしくは立ち寄っていただき、4カ所以上のシールを集めてください。(各施設の利用料は自己負担)ただし、各チェックポイントでのシールのお渡しは、1回につきお一人様一枚とさせていただきます。6カ所すべて集めた方は認定証とWチャンスへの応募権があります。

 

(注)※チェックポイントの施設が休業等でシールの交付が受けられなかった場合、各ご利益チェックポイントに立ち寄ったことが証明できれば観音寺市総合コミュニティセンター(観音寺市観光協会事務局)で救済措置として1カ所分のみシールを交付いたします。

 

 参加用紙 

シールラリー台紙は各チェックポイント、観音寺市観光協会、大正橋プラザなどにあります。

 

 応募方法 

4カ所以上・・・アンケート欄に必要事項を記入

6カ所すべて・・・Wチャンス応募用紙、アンケート欄に必要事項を記入

令和元年11月30日(土)までに観音寺市観光協会事務局(道の駅ことひき内)に切り取らずに持ってきてください。

 

 記念品 

4カ所以上のチェックポイントをまわった方全員にポストカード(8枚セット)、観音寺市観光協会オリジナルコースターをプレゼント!また、6カ所すべてまわった方には、さらに認定証&オリジナルクリアファイルもお渡しします!

 


IMG20190724103646.jpg

 

 Wチャンス 

さらに、6カ所すべてまわった方の中から抽選で各チェックポイントにかかわるご利益グッズが当たる!(写真はイメージです。実際の景品とは異なります。)

 
w-chance.jpg
 当選発表

賞品の発送を持って当選発表とさせていただきます。

 

 問い合わせ先 

観音寺市観光協会 TEL(0875)24-2150 FAX(0875)23-0404

  

2019年07月24日 | ▲TOP

天空の鳥居、銭形砂絵、父母ヶ浜を結ぶバス路線が開設

観音寺駅と詫間駅の間の絶景ポイントを結ぶバス路線が7月26日(金)より開設されます。

観音寺市の代表的なビュースポット「銭形砂絵」や「有明浜海水浴場」、天空の鳥居「高屋神社」、お隣り三豊市の香川のウユニ塩湖「父母ヶ浜」などを一日乗り放題で回ることができます。

このバスを利用して絶景スポットを回遊してみませんか?

 

 料 金

大人 1,000円

こども・障がい者手帳をお持ちの方 500円

未就学児 無料(大人1名に1名、2名目からはこども料金)

※全コース一日乗り放題


チケット販売先

三豊中央観光バス・各停留所の施設等


お問合せ先

三豊中央観光バス 観音寺営業所

〒768-0031 観音寺市池之尻町1011-1

TEL 0875-57-1717   FAX 0875-57-1088



20190719161957-0001.jpg
平日時刻表
20190719163116-0001.jpg休日時刻表20190719163147-0001.jpg
IMG20181230162912.jpg
IMGP2662-2.jpgIMGP3242.JPG
IMGP3270.JPG
IMG_4103.JPG

chichibu3.jpg
 

2019年07月20日 | ▲TOP

高松空港へのアクセスが良くなりました!

 

7月1日より高速観音寺バス停から高松空港へ向かうバス路線が開設されています。

羽田便・成田便に搭乗するのに便利なダイヤとなっておりますので、旅行やビジネスにご利用ください。

 

料 金(高速観音寺バス停⇔高松空港 片道)

大 人  1,600円

小 児   800円

 

お問合せ

西讃観光株式会社

TEL 0875-25-1200


20190812125918-0001.jpg20190812125939-0001.jpg 

2019年07月20日 | ▲TOP

雲辺寺のあじさい

 四国霊場66番札所の雲辺寺は、標高911mにあり平地と比べると約7度ほどの気温差があります。

そのため、約3万株の紫陽花の見頃も平地より遅れて、7月上旬から8月上旬まで楽しむことができます。

今年は、梅雨が遅く猛暑とはなっていませんが、避暑を兼ねて五百羅漢を囲む見事な紫陽花の中を散策してみませんか?

 

IMGP1396.JPGIMGP1401.JPG
IMGP1402.JPG
IMGP1404.JPG

IMGP1415.JPGIMGP1431.JPG

 

 

2019年07月19日 | ▲TOP
ページのトップへ