HOME > スタッフの息抜き

漁師町観音寺を歩いてきました

 4月20日(土)に、「漁師町観音寺を歩く」まち歩きを開催しました。

 
7月20日からはじまる瀬戸内国際芸術祭2013(夏期)で伊吹島へ訪れる方に観音寺の路地裏を歩きながら楽しんでいただこうと企画しており、モニター歩きも兼ねて開催しました。
一般公募で集まった、15名ほどの方と一緒に歩いてきました。
 
 
出発は、道の駅ことひき(総合コミュニティーセンター)。
 
ガイドは、地元に住んでいる近藤さんにお願いしました。
 
 
港周辺は、小さな祠や社がたくさんあるおもしろい地域です。

漁師町なので、龍王宮や、金毘羅さん、住吉さんなど、海にまつわる神様が多いのが特徴です。
 
 
歩いて行くと、つくったかかしが、いたるところで道案内や説明をしてくれます。
参加者の皆さんも見つけながら、楽しんでくれているみたいでした。
 
 
昼食は、魚屋さんがしているお店で、定食をいただきました。
 
お待ちかねのメニューは、スズキの煮つけ、サヨリの入ったみそ汁、肉じゃが、キュウリの酢の物です。
おいしくて、皆さんにも好評でしたよ
 
 
お腹がいっぱいになったら、いざ出発!
 
途中で、路地裏のえびせんべい屋に立ち寄り、かまぼこ屋であつあつのてんぷらを食べ、観音寺の港の味を堪能していただきました。
 
 
まち歩きの模様は、21日(日)の四国新聞にも掲載されました!
ぜひ、ご覧くださいね
2013年04月24日 | ▲TOP

かかしづくりに挑戦中!

【瀬戸内国際芸術祭2013に向けて・・・】

 

みなさんは、徳島県奥祖谷の東祖谷の名頃地区、剣山のすぐそばにある「かかしの里」をご存じですか?

24.10.jpg先日、このかかしの生みの親、綾野さんに観音寺まで作り方を教えに来てもらいました。

3名と一緒においでていただきました↓

 

24.12.7_3.jpg

 

 

24.10.kakashi.jpg

顔は、トレーナーと綿で作ります。綿の詰め具合や縫い方で表情が変わってきます

 

 

 

24.12.7_6.jpg

1体に新聞紙が約200枚!(2枚重ねでくるくる巻いたもの80本が、体になります)

 

 

24.12.7_1.jpg

 

綾野先生に丸一日かけて、ていねいに教えていただきました。

服は、各自家にある古着を持ち寄ってコーディネートして着せます。

おばあちゃんができあがりました

 

来年の瀬戸内国際芸術祭2013では、観音寺でかかしたちも活躍する予定です。

続々と誕生しているかかしは、総合コミュニティーセンターでみなさまをお迎えしています。

立寄ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

2012年12月25日 | ▲TOP

秋の五郷散策

 10月23日(火)に開催する秋のまち歩き、「原風景の残る里山歩き」の下見に行ってきました。

黄金色に輝く段々畑

 

10.10gogou1.jpg当日は、稲刈りは済んでいますが、眺めが最高です!

 

 

10.10gogou2.jpg

田んぼの片すみで、カニも発見

 

さらに進みます

 

10.10gogou4.jpg

立派な石垣の横を抜け・・・

顔にかかるクモの巣を枝で払いのけながら進み・・・

 

 

10.10gogou3.jpg

そんな中見つけた、アケビ。おいしいらしいです!

実りの秋ですねぇ

 

コースも決まり、協力者も得てひと安心 

これからのまち歩きに向けてこつこつと準備中です。

 

 

 

 

2012年10月11日 | ▲TOP
ページのトップへ