HOME > スタッフの息抜き > 漁師町観音寺を歩いてきました

漁師町観音寺を歩いてきました

 4月20日(土)に、「漁師町観音寺を歩く」まち歩きを開催しました。

 
7月20日からはじまる瀬戸内国際芸術祭2013(夏期)で伊吹島へ訪れる方に観音寺の路地裏を歩きながら楽しんでいただこうと企画しており、モニター歩きも兼ねて開催しました。
一般公募で集まった、15名ほどの方と一緒に歩いてきました。
 
 
出発は、道の駅ことひき(総合コミュニティーセンター)。
 
ガイドは、地元に住んでいる近藤さんにお願いしました。
 
 
港周辺は、小さな祠や社がたくさんあるおもしろい地域です。

漁師町なので、龍王宮や、金毘羅さん、住吉さんなど、海にまつわる神様が多いのが特徴です。
 
 
歩いて行くと、つくったかかしが、いたるところで道案内や説明をしてくれます。
参加者の皆さんも見つけながら、楽しんでくれているみたいでした。
 
 
昼食は、魚屋さんがしているお店で、定食をいただきました。
 
お待ちかねのメニューは、スズキの煮つけ、サヨリの入ったみそ汁、肉じゃが、キュウリの酢の物です。
おいしくて、皆さんにも好評でしたよ
 
 
お腹がいっぱいになったら、いざ出発!
 
途中で、路地裏のえびせんべい屋に立ち寄り、かまぼこ屋であつあつのてんぷらを食べ、観音寺の港の味を堪能していただきました。
 
 
まち歩きの模様は、21日(日)の四国新聞にも掲載されました!
ぜひ、ご覧くださいね
2013年04月24日 | ▲TOP
ページのトップへ