HOME > 名所 > 銭形砂絵
銭形砂絵 [ぜにがたすなえ]
銭形砂絵
銭形砂絵
有明浜の砂に描かれた「寛永通宝」は、東西122m、南北90m、周囲345mもある巨大な砂絵で、琴弾山山頂から見るときれいな円形に見える。寛永10年(1633)藩主、生駒高俊公を歓迎するために、一夜にして作られたといわれ、他に類を見ないものといえるだろう。この銭形を見たものは健康で長生きができ、お金に不自由しないと伝えられている。近年銭形を見て宝くじを購入した人が高額をあてたことから金運スポットとして知られ、多くの観光客が訪れている。テレビ「銭形平治」のタイトルバックにもなった。
年2回、ボランティアにより砂ざらえが行われる。
住所観音寺市有明町
お問い合わせ先 TEL (0875) 24-2150
観音寺市観光協会
地図

より大きな地図で 銭形砂絵 を表示
ページのトップへ