HOME > 歴史・文化 > お門弓
お門弓 [おかどゆみ]
お門弓
観音寺市の無形民俗文化財に指定されているが、麹座という座によって受け継がれてきた神事である。言い伝えによると、室本浦に麹の神が漂着したおり、それを祀ったのがはじまり。お門弓はその神様を担いだ人たちの子孫によって、毎年1月7日に1年間の豊作を占い弓が射られている。
地図

より大きな地図で お門弓 を表示
ページのトップへ