HOME > 歴史・文化 > 平家の里・有木と阿弥陀堂
平家の里・有木と阿弥陀堂 [へいけのさと・ありきのあみだどう]
平家の里・有木と阿弥陀堂
平家の里・有木と阿弥陀堂
五郷・有木地区は、その昔源平合戦で敗れた平有盛が隠れ住んだところといわれ、現在もそれにまつわる物語や伝説が残されている。また、有盛が守り神として都から携えてきたと伝えられる阿弥陀如来坐像が残され、香川県の有形文化財に指定されている。
地図

より大きな地図で 平家の里・有木と阿弥陀堂 を表示
ページのトップへ